全国TOP >> 大阪/観光 >> ミナミ(心斎橋・道頓堀) >> 芭蕉終焉地

芭蕉終焉地

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

芭蕉終焉地とは

芭蕉終焉地 「野ざらし紀行」、「奥の細道」などの紀行文や数々の名句を生み、俳聖と呼ばれるまで至った松尾芭蕉を弔った場所。1694年(元?)5月中旬、江戸を発った芭蕉は京や伊賀上野を経て、9月に大坂に入ったがその後すぐ体調を崩し、10月12日に51歳の生涯を終えた。終焉の地として碑がたてられている。
今週のランキング:126位 エリア:ミナミ(心斎橋・道頓堀)
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称芭蕉終焉地
(ばしょうしゅうえんのち)
料金見学自由
住所大阪府大阪市中央区久太郎町3-5

アクセス

大阪市営地下鉄本町駅12番出口から徒歩3分

ミナミ(心斎橋・道頓堀)で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。