全国TOP >> 大阪/観光 >> キタ(梅田) >> 泉布観

泉布観

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

泉布観とは

泉布観 アイルランド人技師・ウォートルスによって設計された泉布観は、もとは造幣局の応接所として建築もの。名前の由来は泉布(貨幣)の観(大きな館)から。明治天皇が1872年(明治5年)に造幣寮に行幸した時に、「史記」の一節『宝貨之行如泉布』から命名されたと伝えられている。 アーティスティックな建物で見るべきところも数多い。一般公開は3月下旬の3日間のみ。
今週のランキング:171位 エリア:キタ(梅田)
ジャンル:建物 / 造幣局 / 史記 /

概要

名称泉布観
(せんぷかん)
営業時間10:00〜16:00
休業日一般公開の3日間以外は休館
料金見学無料
住所大阪府大阪市北区天満橋1-1-1
電話番号06-6208-9166(大阪市教育委員会事務局文化財保護課)

アクセス

JR大阪城北詰駅3番出口から徒歩10分

キタ(梅田)で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

関連サイト

大阪歴史博物館のページ http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2002/senpukan.html

大阪歴史博物館のページのサイトを確認する

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。