全国TOP >> 大阪/観光 >> 豊中・箕面・能勢 >> 東光院(萩の寺)

東光院(萩の寺)

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

東光院(萩の寺)とは

東光院(萩の寺) 東光院は735年(天平7)、行基によって開創された曹洞宗のお寺である。行基の自作と伝わる薬師如来を本尊としている。死者の霊を慰めるために行基自ら植えたとされる萩は全山を覆うに至っており、今でも萩の名所として「萩の寺」と呼ばれ親しまれている。また毎年9月15日から25日まで「萩まつり道了祭」が開催される。
今週のランキング:278位 エリア:豊中・箕面・能勢
ジャンル:神社 / 寺院 /

概要

名称東光院(萩の寺)
(とうこういん(はぎのてら))
営業時間9:00〜17:00
休業日無休
料金拝観無料(萩の開花期間は500円)
住所大阪府豊中市南桜塚1-12-7
電話番号06-6852-3002

アクセス

阪急電鉄曽根駅から徒歩4分

豊中・箕面・能勢で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

関連サイト

東光院 萩の寺公式サイト http://www.haginotera.or.jp/

東光院 萩の寺公式サイトのサイトを確認する

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。